性別関係なく人気となっているタクシーの求人情報

男性と女性

建築現場のトップ

作業員

指導能力が身につく

現場監督とは、工事現場で指揮を行う役割のことです。現場監督は、工事現場で作業を監視し指揮を行うだけでなく、施行計画書や各種書類の作成、予算の決定などのデスクワークも必要になります。労働時間は長くなる傾向にありますが、その分高収入を得られるのが大きな魅力です。現場監督の魅力は、高収入だけではありません。現場のトップとして振る舞い、指導や進捗の管理を行うことで、指導能力も身につきます。指導能力は育成するのが難しい能力でもあり、転職を考えるときにも有利になります。ステップアップを考えている人にもおすすめの職種といえるでしょう。また、採用されて働くことになると、建築業界の最先端に触れられます、業界のトレンドを感じられるのも強みといえます。

資格か経験が必要

現場監督として採用されるためには、資格か実務経験が必要になります。資格は、建築士や施工管理技士などが代表的なものです。これ以外にも、土木施工管理技士、JR工事管理者などがあると採用に有利になります。こうした資格は、難易度に差があることが多いのですが、一級などの難しいものをとろうとするときには専門課程での勉強と実務経験の両方が必要になります。資格なしで採用されるにはかなりの実務経験が必要です。建築学科などを出ている場合は実務経験三年以上、建築系の高校ならば実務経験五年以上、それ以外ならば十年以上の実務経験が必要になります。現場監督を目指すのならば、建築系の学校に行く方が有利となります。資格についても検討するとよいでしょう。